出会い系のハッピーメールで熟女と出会ってセックスした体験談です。

ハッピーメールを使っていつもの如く熟女とセックスしたくてぶっしょくします。
いろんなプロフィールをみていると「食事に連れて行ってくれる方募集!」というのがプロフィール欄にかいてある熟女を発見。

すぐメールをしました。
そこで会うことまで漕ぎけて10日間かけてやっと実際にあう日になりました。

六本木ヒルズの前で待ち合わせして、ちょっとぶらぶらしつつ、居酒屋へ行きました。

私の第一印象を聞いてみると「想像していたよりも優しそうな人で安心した」とのことでとてもうれしそうでした。

居酒屋へ入るとビールを頼んでお互いの仕事のことなどを話しました。

今回のお相手の「由美子」さんはとても穏やかな人でした。
由美子さんのプロフィール

会社で事務を手伝っている。フルタイムでの正社員
パソコン操作は得意。
今までプロポーズは何回かされたけど、結婚に至らず。
結婚願望はまだある。しかしもう焦っていない。
セフレになってくれる人を探しているってこともわかりました。

これなら俺が立候補だ!ということでエロい話に花が咲きます。

クリがかんじるんだ!とか、足のつま先を舐められると興奮するとか下ネタ好きで楽しい人でした。

由美子さんはお酒がよわく、ちょっとのんだだけで顔も赤くなり、俺の方にもたれかかってきました。
そこで軽く店内でほっぺにキスをしたら照れていました。

耳元でホテルにいきたいよ!と伝えると軽くうんと頷いてくれました。
熟女は簡単にやらせてくれるので本当に嬉しいですよね。やった!って思います。
出会い系でくる女性はだいたい今日はセックスするかもしれいないと思っているのであとは会話に気を付ければだいたいセックスできます。

六本木から少し麻布にいったところにホテルがあるので、そこに入りました。
そこからすぐに服を脱がせて一緒にシャワーを浴びます。
シャワーを浴びながらお互い洗いつつ、ふぇらをさせました。
フェラはねっとりとして、いやらしいフェラでした。気持ちよくていきそうになりました。
でも我慢してベッドに移動。クリが弱いといっていたいので、存分に攻めると何回も昇天!オルガズムに達していました。
しおもふいていて、ベッドが濡れてしまいました。
結局その日は4回もやってしまい、お互いへとへとになりました。
でもすごく私のことを気に入ってくれて、「いつでもやりたくなったら連絡頂戴ね!あなたなら大歓迎よ!」といってくれたので、セフレになりました。
また来週にでもよんで即はめセックスしようと思います。